人と自然が共生する
持続可能な社会を考える
木と暮らす未来を
創造しよう


ABOUT大和木材グループとは

わたしたちは「木と暮らす未来」をキーワードに
材料としての「木」、地球環境としての「木」が
本来持つ持続可能性を追求します。
そして植林や育林を含めた林業全般を通じ
事業に関わるさまざまな人や物、企業の価値を互いに
高め合いながらともに発展し続けることを目指します。


KITOKURASU MIRAI PROJECT木と暮らす未来プロジェクト

二酸化炭素を吸いきり、成長を終えた木を伐採し、使い、植え再び二酸化炭素を最大限吸収させてから、また使う。
この「二酸化炭素吸収サイクル」を継続するため、森と植林地の保全活動に取り組み木を活かした商品開発やサービス提供、
情報発信などを経てさまざまな人と森を「木に携わる持続可能な事業」で結ぶ。それが「木と暮らす未来プロジェクト」。
材木業に携わるわたしたちの立場から、永続的な未来を創造します。

人と森を持続可能な事業で
結ぶための未来予想図

木と暮らす未来プロジェクト 木を使った持続可能な事業の実現を目指します。植林事業、材木事業、不動産事業、小規模コミュニティまちづくり事業、宿泊事業、リノベーション古民家再生事業、地方創生連携事業、プロダクト事業、フードサービス事業拡大する

さまざまな企業や自治体と協働し、木を使った持続可能な事業の実現するとともに
「二酸化炭素吸収サイクル」の確立を目指します。